読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DREADNOTEの思い出

昨日1番大好きなバンドが活動を休止した。このバンドのためにたくさん時間とお金を費やしそれを余らせる程の、日々を生きていく力 というか気力を貰っていた。

 

はじめて見たときはまだカタカナ表記で「ドレッドノート」だった。そのときのSEは野々村議員の記者会見のRemixみたいなモノで面白くて印象的。しかも確か生井さんだったと思うけどでんぐり返しで入場してた 

その日にデモ2つとも買ってたくさん聴いた。今でもたくさん聴くよ。

少ししたら表記が「DREADNOTE」になるってTwitterでサラッと言うててなんか不思議な感じやなって思ってた。その頃あたりにお金取られたりみたいなんも呟いてた気がする。

THE NINTH APOLLOに所属が決まった。全国リリースするってことだ。MVも当時なかったから全てが楽しみだし未来に期待していなかった。

3rdデモが出るってなってツアーしないかなーって思ったけど無かった。でもたくさん大阪とか神戸でみた。そんで見るたびに深く好きになっていってました。 

8月のアメ村のリングサーキットのキングコブラのトリをしていてその日のLIVE以降聴いてない曲とかもある。

 

11月くらいに名古屋の栄R.A.Dでイベント組んでてその日には、大好きだったけど解散してしまった「Number four」というバンドもいた。お客さんが全然いなくてLIVE中のMCで絶対同じメンツでいつかパンパンにしてやるって言ってたの覚えてる。この日にGATEというアルバムに入ってる新曲を3曲もしててヤバイなって思ってた。Smile&Cryで終わってアンコールは無かった。

 

年末の愛と誠で火影でみて2015年にこのバンドに出会えて良かったって思いながら終わった。

 

2015年の秋くらいから大好きなBELLをやらなくなって聞きたいと思ってたら2016年の1発目のB.S.Pという京都GlowryであるイベントでDREADNOTEが1番手でBELLをした。はじめてセットリストを貰った。

 

年を開けて1/23に三重の鈴鹿というDREADNOTEのホームで自主企画が組まれるってなったから行った。初三重。この日に幻のBoo-wayという曲を聴いた。三重で見ると一段とかっこよくてずるいなって感じだった。

 

2月にも三重に行った。MOFFというバンドに出会った。これもDREADNOTEのおかげ。

 

3/5は名古屋のバンドが半年間活動休止をする節目のLIVEの日。この日のセットリストはゴリゴリでいつもSmile&Cryで終わっていたけど3×6やWaiting for youで攻めきってた。本当にかっこよくて当分浸って入れた。

 

関東でのLIVEが増えて当分見れない時期が続いてた。TwitterでTiffny Blueの歌詞が変わったっていうのをみてはやく見たくなった。今ではTiff Blueと曲名も変わってしまったけど懐かしく思えるこの記憶すら愛おしい。最愛の曲。

 

5/20に初めて岡山に来てくれた。くるって告知がされたときは嬉しくてそのとき付き合ってた彼女にすぐに報告した。喜びを誰かと分かち合いたかったんだと思う。

このころはセットリストがほぼ固定されていてきけないと思っていたWaiting for youがきけてなんだか特別な気持ちになれた。愛が増した日。

 

10月にもまた岡山にきてくれた。この日はバンド数もお客さんも多くて友達も居た。かっこいいって言ってくれて自分が嬉しくなった。今回はGATEというアルバムを出してのツアーバンドとしてのLIVE。こんなこと言うのおかしいけど前に進んでて凄いと思った。  

 

そんで12/11。GATEのツアーファイナル。三重 鈴鹿ANSWER。三重でみるといつもSnow whiteがエゲツなくて好き。

この日の前日に今後のLIVE予定みたら1/6のしか無くて解散しちゃうのかな いやまさかなーなんて考えてた。ほんとにまさかなんだ〜 

 

12/24にDREADNOTEが活動休止するって発表された。なんだか実感がない。悲しい けど不思議な感覚。予感が当たってしまって自責の念みたいなものにもかられた。少し泣いた。

 

最後の日1/6。今の これまでの DREADNOTEのラストLIVE。人がパンパンで待ってる時間も暑くてこのときも、まだよくわかってなかった。でも最初 ほんとの最初 Never Ending Storyを歌い始めたときに泣いた。ぜーんぜん止まらんし、あっ これから起こること全部最後なんだって思うとドンドン悲しくなった。

男なのに泣いてかっこわりいけど仕方ないです。それほど大事なバンドだったんだって嬉しくも寂しくも苦しくもあるLIVEだった。

LIVEで泣き疲れるなんて経験初めてした。また戻ってくるって言ってた。当然だよ。じゃないと嫌だ

  

何度もいったものから印象的な日をピックアップして思い出すように書いてみた。

 

今日バイト中に昨日のこと考えて落ち込んで泣きそうになった。今はこれ書きながら泣いてる。フツフツとDREADNOTEがいないことに実感し、いずれは慣れていくと思う。昨日の光景が焼き付いている。この記憶は離したくない 離さない。最愛です。